読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aiko's blog

今日も素敵なすてきな1日を*

■ 清濁合わせ持ってナンボ ■

メンタル・こころ 多様性

f:id:aiko__blue:20170128222300j:image

 

「良い状態」に固執すると苦しくなる。
「良い状態」を強制されると苦しくなる。 

 

「ポジティブ」に固執すると苦しくなる。
「ポジティブ」を強制されると苦しくなる。

 

ネガティブ=悪いという考え方でいると、
苦しくなる。

ポジティブ=良いという考え方でいると、
苦しくなる。

 

最近の私は、ネガティブになっても、
苦しいという感覚はあまりなくなっている。

 

ネガティブが悪いとは限らないと思っているから。
ポジティブが良いとは限らないと思っているから。

 

無理やりポジティブになろうとか、
無理やり良い状態になろうと思っていないから。

 

そのままの自分の感情や状態を受け入れよう、
と意識するようになったから。

 

ネガティブは、自分の本音や本心を教えてくれるものだと思っているから。
ネガティブは、自分が求めているものが何か?を教えてくれるものだと思っているから。

 

ネガティブは、自分が望む道を教えてくれるものだと思っているから。
ネガティブは、もっと良くなるためのヒントだと思っているから。

 

ネガティブは、ポジティブの裏返しだと思っているから。

 

どんな感情や状態も、

 

「あー、今わたしはこう思っているんだなぁ。こう感じているんだなぁ。」 

 

と自分で受け入れられるようになってきたから。

 

その感情や状態を、
自分自身で「良い/悪い」とジャッジしないようになってきたから。

 

「悪い」と思ったとしても、
それさえも受け入れて感じることができるようになってきたから。

 

・・・・・

 

ポジティブ(と誰かに判断される状態)に固執すると、
ネガティブ(と誰かに判断される状態)な自分を全否定する感覚になって苦しい。

 

良い状態(と誰かに判断される状態)に固執すると、
悪い状態(と誰かに判断される状態)の自分を全否定する感覚になって苦しい。

 

(誰かとは、他人でもあり自分でもある。)

 

これだけが良いとか、これだけが悪いという限定的な思考で居ると、とても苦しくなる。

 

なぜなら、どちらも持っているから。

 

境界線はあいまいだから。

 

そんな自分を受け入れた今の私は、
とっても生きやすい。

 

他人や自分の「良い/悪い」という判断基準を、
一度とっぱらってみるのはいいかもしれない。

 

もちろん、それだって良いか悪いかなんて分からない。

 

ただ私は、清濁どちらの自分も受け入れられるようになってから、生きやすくなった。

 

どんな自分も受け入れようと意識するようになったから。

 

f:id:aiko__blue:20170128222300j:image