Aiko's blog

今日も素敵なすてきな1日を*

■ 外と内のバランス ■

f:id:aiko__blue:20170824223324j:image

 

対面でのリアルな人間関係では、

 

「何を考えているのか分からない」
「どんな人なのかよく分からない」
「もっと自分を出したらいいのに」
「本当にそう思ってる?」

 

と言われることがある。

 

自分でも、人前でうまく表現できないと感じることは多い。

(または、反対に、我が強すぎるほどの対面表現になることも多い。)

 

ずっと一人でいることが多かったから、
日常的に人と会話するとかコミュニケーションを取り合うことに慣れていないのも大きい。

 

その分、文章では自分の思いを思いっきり表現できる。

その分、文章なら思う存分自分を表現できると感じている。

 

単純な意味で、書くだけなら、
他人がいない世界だから。

 

誰かを気にしなくていい世界だから。
制限がない世界だから。

 

誰かを気にしたり何かを恐れる必要がない。
単純に、書くだけなら。

 

どんな自分も許される。
どんな自分の気持ちも受け入れられる。表現できる。

 

そんな世界が嬉しい。
解放される。

 

そんな世界をもって、
何が悪い?
と傲慢かもしれないけれど思う。

 

確かに、インターネットなど他人の目に触れる場所で公開するときは、

本当にどんな表現をしてもいいとは言えないかもしれない。
(明らかに、誰かを不快にしたり傷つけるような内容など)

 

しかし、昔は2ちゃんねる、今はツイッターなどで、
行き場のない苦しみを言葉にしている人は尽きない。

 

我が強すぎない人って、
普段から、どこでも自分を適度にしっかりと表現できているように感じる。

 

(我慢することが多いと感じる人にとっては、
たまに「よくそんなこと人前で表せるなぁ」と驚くほど。)

 

私のように我が強い人って、
どこかで我慢しすぎて、どこかでその分強すぎる我が出てきているように感じる。

 

(ちなみに、我慢してようがしてまいが、どちらかが優れているワケではない。)

 

「自分を消せ」などと仕事や公では言っている人間が、

 

プライベートで特定の相手には
「強すぎる我(エゴ)」
をぶつけていることも、非常に多い。

 

我が強く見える人も、強くないように見える人も、
「我の総量」は同じじゃないかと私は思う。

 

その表れ方のバランスが、
大方均等か、偏っているかの違いじゃないかなって。

 

オレはそんなことない、と思っているそこのあなた、
誰かに理不尽な態度をとったりしていませんか。

 

f:id:aiko__blue:20170824223324j:image