読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aiko's blog

今日も素敵なすてきな1日を*

■ お金を稼げない人の特徴 ■

f:id:aiko__blue:20170405225033j:image

 

お金は価値との交換。

 

稼げない人にとっては、 
その「価値」というのがネックなのだ。

 

自分はそんな価値を生み出せない、提供できないと思っているから。
自分はそんな価値をいただいて良い存在だと思っていないから。

 

もし価値を生み出せたとしても、
お金をいただく価値のない自分は価値を受け取ることができない。

 

価値のない自分は、
価値のあることを生み出せない。 

 

価値のない自分は、
誰の役にも立たない。

 

価値のない自分は、
価値のあるお金をいただけない。

 

役に立ってもいただくことに抵抗がある。

 

「他にもっと価値のある人がいる」
「他の人がいただいた方がいい」
「お金なら他の人に払った方がいい」
「自分じゃなくていい」
「自分はボランティア程度が似合っている」
「自分は価値をいただく価値がないから」
「他の人に『あんなのでお金をもらっているのかよ』と否定されるのが怖いから」

 

などと決めつけている。

 

いただくことに申し訳なさが伴う。

 

たとえ、実際に誰かの役に立てたり、
誰かに喜んでもらえたとしても同じ。

 

そこでお金を差し出されても、

 

「嬉しいし、ありがたいし、お金は欲しい。
だけど、自分なんかに申し訳ない。」

 

と感じる。

 

差し出されたお金はお返しするか、
恐縮ながらいただくかのどちらかだ。

 

もちろん私もお金はとても欲しい。

 

貯金なんてずっとゼロ円に等しいし、
クレジットカードの返済が溜まっている。

 

だけど、稼ぐ意欲がない。

 

稼げる方法を知っても、
それを続けることが苦痛になる。 

 

やりたいことで稼ぐほどの意欲もない。

そこまでしてやりたいこともない。

 

いつも自分のことばかり考えている。
他人に価値なんて与えられない。

 

与えられたとしても、
自分はそんな価値を受け取れないと抵抗する。

 

そうやって、
欲しいけど、諦めていくのが多くの人なのだ。

 

だけどそれでも、
みんな大なり小なりお金や価値をいただいている毎日。 

 

そうじゃなきゃ、
みんな今生きていない。

 

抵抗があっても、いただいていることは事実なのだ。

 

お金(価値)は、与える側も受け取る側も、

 

「お金を払う価値がある」
「お金を受け取る価値がある」

 

という前提の上で、行き来が成り立つ。

 

どちらにも、価値があることを認めていなければ、
お金の行き来は難しい。

 

払う価値がないと見なせば、ストップ。
受け取る価値がないと見なせば、ストップ。

 

働けばお金をもらえているのは、
国が制度として決めてくれているから。

 

制度がなければ、
お金の流れはストップしやすくなる。

 

それは、

 

「誰かには価値があって、誰かには価値がない」

 

と決めつけているから。

 

誰にも価値がないなら、
何にも価値がないなら、

 

お金という価値は誰にも与えられない。

 

何かに価値があるから、
お金が誰かに与えられる。

 

だけど、

貧困地域に住んでいる人たちも、
ニートや障害者や病人や犯罪者と呼ばれる人たちも、

 

誰かから支援されていたりする。

 

貧しい人たちに、誰かがお金を払っている。

 

それは、

 

「お金を払う価値がある」
「お金を払って支援する価値がある」

 

と認められているということ。

 

ということは、
貧しい人たちだって、どこかでだれかが「あいつなんて・・・」とぼやいている誰かだって、

 

「価値がある」

 

という意味になるのだ。

 

・・・・・だんだん話が本題から逸れてきた。。

 

お金ももちろん沢山欲しいけど、
好きな人と愛し愛され穏やかに暮らすのが何より豊かだ。 

 

お金と愛どちらが大事なんて質問はナンセンスで、
たぶんどちらもあるからこそ豊かなんだろう。 

 

お金があっても一人ぼっちなら楽しくないし、
愛があってもご飯が食べられなければ苦しいもの。

 

お金も食べ物も愛も、あるところには有り余ってるのに、
なんで全員に回っていかないんだろぉ〜。

 

好きな人を独り占めしたいのと同じなのかなぁ。

 

人間ってそういう生き物なんだろうな。

 

大切なものは自分だけのものにしたいんだよね。

 

大切なものは自分だけになってほしいんだよね。

 

浮気症の人だって、自分の女は自分だけの存在でいて欲しいと思ってたりするもんね。

 

ある部分では「共有すればいい」と思っていても、別の部分では「自分だけのものにしたい」と思っていたりするのが、私たち人間なのかもしれない。

 

分からないけど!

 

いつものことながら、話がずいぶん飛び飛びで逸れたところで終わり〜☆

 

f:id:aiko__blue:20170405225033j:image