読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aiko's blog

今日も素敵なすてきな1日を*

■ 人に「与える」ということ ■

メンタル・こころ

f:id:aiko__blue:20170206220731j:image

 

先日、3万円を2人の方から投資いただいたことで、
考え始めたことがあります。

 

「私は人に『価値』を与えたから、
お金をもらえたワケじゃない」

「私が与えられる『価値』って何なんだろう」

「私が文章を書くことで、人に与えられる『価値』って何だろう」

 

ということです。

 

私は今回、2人の方から3万円を無償でいただきました。
そして過去には、20万円を1人の人からお借りしたこともあります。
その20万円はあと数回で、返済が終わります。

 

なぜ、この方たちが私にお金を与えてくれたのか? 

 

それが気になって、質問してみました。

 

返ってきた答えは、みなさんそれぞれ表現方法は違いましたが、


要は


「与える」精神


を大事にされていたからということでした。

 

それを私に向けてくださったことは、
とてもありがたいことです。 

 

けれどそれと同時に、
私がその人に、その人が必要なものを与えたワケではないということ。

 

私はその人に、
何か『価値』を提供したから、お金をいただいたワケではないということ。

それを理解しました。

 

ただ、心ある与える精神豊かな方に、
私が与えていただいただけ、ということです。

 

お金を一方的に善意でいただいたことで、

「自分が生み出せる価値」
「相手に与えられる価値」

ということについて、ぼんやりとですが、
考えるようになりました。 

 

私はまだ人にもらおうとしてばかりで、
もらってばかりで、
「もっと自信もったらいい」って言われるばかりで、
まだ自分のことばかりで、 

 

「人に純粋に与える」
ということができる人間に自分は少しでもなれているのか、
とても疑問だったりします。

 

けれど、いつまでも
「自信がない」「自分を認めることができない」
と言っても、それも言い訳や逃げの手段になってしまいます。

 

私は最近職場でよく、
「もっと自信もって」
と言われます。

 

なぜかというと、やはり私は
「失敗すること」「嫌われること」
を強く恐れているからだと思います。

 

でも、いつまでも自信がないとか自分を認めないままだと、
それを言い訳にして、

「他人のせい」
にできてもしまいます。

 

実際、私は、
人に依存し、人のせいにする思考が
昔からとても強いです。  

 

だけど、いろんな人のおかげで、
一歩一歩、前に進めています。 

 

自分で稼げるようになるには、
雇われて働く環境にいるときから、

 

相当な自立心や与える精神や人間力
養っていく必要があるんだろうなと思います。

 

私は、今のありがたい環境の中で、
一歩一歩成長していけたらいいなと思います。 

 

自立や与えるとは真逆のところに、
長い間いたから。

 

そんな人間が、
急に全てができるようにはならない。 

 

ゆっくり時間をかけて、
内面から小さなものを積み重ねていこうと思います。

 

・・・・・ 

 

私は、依存心が昔から強く、
すぐに何でも人に頼ろうとします。

 

いつも他人にもらうばかりで、
自分のことばかり考えていて、
そういう自分がすごく嫌でした。

 

他人のことを考えられる人、
他人に純粋な気持ちで与えられる人が、
とても羨ましかったです。

 

なんで、そんなに人のことを考えられるんだろう、
なんで、そんなに見返りを求めずに与えられるんだろうと。

 

自己愛と与える精神の大切さを説く方に出逢ってお世話になってから、
私は「与える」「人のことを考える」
という慣れない領域について、
少しずつ考え始めるようになりました。

 

そして、私は私なりに、
ほんとにちっぽけな
「与える」「他人のことを考える」
ということを、意識するようにもなりました。

 

私の周りにいる人たちは
みんなとってもあったかい人ばかりで、
お優しい人ばかりだから、

「愛子はそれでいいんだよ」
「十分だよ」

って言ってくださいますが、


ちゃんとその人の役に立っている実感もないし、
ちゃんとその人に心から喜んでもらえている実感も薄いです。 

 

でもそれは、
「何かもっと大きなことをしなければ」
「何かもっと具体的なことをしなければ」
と考えているからかもしれないし、

 

自分が自分を認めてあげることにも
まだ抵抗があるからかもしれません。

 

相手の優しさとか、相手の慈悲の心から、
相手に言わせているんじゃなく、

自然に相手が
「ありがとう」
「あなたのおかげ」
と思ってもらえるような段階に成長できたらいいなと思います。

 

「あなたのおかげ」とわざわざ言われることや思われること自体を目指すのではなく。

 

人に言わせるのじゃなく、それを期待するのではなく、
自然に思ってもらえるような状態。

 

自分が自分らしく生きているだけで、
誰かの力になれたら、
「与える」という意識すらなくなるんだろうなぁ。

 

意識してないのに、自分らしく自分がやりたいことをやって、
自分のためはもちろん、人のためにもなれたら、
すごいなぁ。

 

でも、私の周りにいる与える力が豊かな人たちは、
みんなそんな人だ。

 

誰かを愛することも、
他人のことを考えることも、
自分がやりたいからなだけだよって。

 

「与える」という意識ですらないんだなぁって。

 

f:id:aiko__blue:20170206220731j:image