読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aiko's blog

今日も素敵なすてきな1日を*

■ 生きていてよかった。生まれてきてよかった。そう思えるとき。■

f:id:aiko__blue:20170105211028j:image

 

学生時代から、大人になって今に至るまで、
ずっと私は、

 

「変人」「天然」「不思議」
「おかしい」
「人と感覚がズレてる」

 

と言われてきた。

 

いつもみんなに笑われる役。
いつもみんなに小馬鹿にされる役。

 

いつも

 

「うわっ・・・(意味わかんね何してんのバカじゃね)」

 

とか

 

「はぁ?・・・(意味わかんね何してんのバカだろ)」

 

とか

 

「ふっ。(またこの子おかしいことしてるわ。苦笑)」

 

って反応される役。

 

私が誰かの意見に賛同すると、
「中野さんと同じ~?!嫌だなー。笑」
って冗談っぽく反応される。

 

でもそれは、冗談っぽい表現なだけで、

 

「中野さんと同じなんて自分も終わったな。
だって、中野さんておかしいから。(嘲笑/拒否)」

 

っていう本音が多分に含まれている。

 

学校にいても劣等感まみれ。
大人になって社会に出ても劣等感まみれ。

 

今までいろんなアルバイトを経験してきた。
けれど、どの職場でも「劣等感」「無能感」を嫌というほど味わった。  

 

私と同じ職場で一定の期間、一緒に働けばそれは分かる。

 

「この子は、普通の人が普通に理解できることが、中々理解できない。」
「この子は、人と感覚がかなりズレている。困る。」
「一秒前に言ったことを、一秒後にはもう忘れている。」
「目の前や周囲が全く見えていない。」
「頭の回転が非常に遅い。」
「一緒に働きにくい。非常に労力を使う。」
「普通の子ができることが、普通にできない。」

 

それを、学生のときから今に至るまでずっと、
感じてきた。実感せざるを得なかった。

 

どの仕事をしても、
いつも私は遅くて鈍くて忘れやすくてどんくさい。 

 

仕事をするたび、集団の中にいるたび、
自分の無能感を感じざるをえなくなる。

 

人と違う性質。人と違う思考回路。
無能さ。  

どこにいっても、自分の無能さで嫌になる。

 

だから、働くことはそんなに好きじゃない。(もちろん好きな部分も沢山ある。)


自分の無能さとか、「自分の感覚はおかしい。他人にとって迷惑。」という気持ちを味わうことになるから。

 

こんなこと書くと、また誰かから
「自分を特別視する人間は~」と批判されそうで怖いけれど。
(人と感覚がズレている人間、変わってる人間なんて、もちろん私だけじゃない。そんな人沢山いる。)

 

だけど実際、私は今まで色んな人から 

 

「おかしい」
「違う」
「変わっている」
「感覚がズレている」

 

って直接言われ続けてきた。

 

私はそんな自分を、
良い意味で捉えられたことなんてない。 

 

他人に指摘されるときはいつも、
良くない意味だから。

 

小馬鹿にされるときか、嘲笑されるときか、
迷惑がられるときか、困られるときか、
引かれるときか、距離を置かれるときがほとんど。

 

だから間違っても、人と違うらしいということを、
自分は優れているという意味で特別だなんて捉えられなかった。

 

いつも
「自分は劣っている。間違っている。」という意味で特別感を抱いて、
自己否定に自己卑下を重ねていた。

 

みんなの仲間に入れてほしかった。
共感してほしかった。
受け入れてほしかった。
愛してほしかった。

 

みんなに「おかしい」ってバカにされて笑われて、
私の母親も精神病で、母親の兄も精神病院にずっと入院していて家族から疎まれていて、
父親もおじいちゃんも病名こそないけれど病んでるのと同じ自己愛のない性格で。

 

「やっぱりきっと私も病気なんだ」

って学生のときから心の隅で思ってきた。

 

というか、病気になりたかった。
病名を付けてほしかった。

 

言い訳できるから。それのせいにできるから。
逃げられるから。

 

「よかった。私がおかしいのは、病気のせいなんだ。」って。

そうやって安心したかった。 

 

病名がつけば、誰かに強く否定批判攻撃されても、
自分を守ることができるから。

「私は、病気なんだから仕方ないんだ。」って。

 

メンタル強い人は、精神病は逃げだって言うけれど、
そういう攻撃をしてくる人から身を守るためにこそ、

逃げ場が必要だと思う。

 

精神病の病名って、病気って、
逃げ場がなくて困っている人の救いになるって思う。
居場所になるって思う。

 

安心できる居場所があるからこそ、
ゆっくりと自分を良くしていけるから。

 

・・・・・

 

私の感覚はおかしくて
私には常識がなくて
私の思いは間違っていて
私の考えは危険で
私の思想は価値がない 

 

と他人に否定される悲しさと、

 

そうやって自分をバカにしたり見下してくる人間に対する、怒りと悔しさ。  

 

みんなと同じ世界に生きたい。
みんなと仲間になりたい。
みんなに価値があると思われる人間になりたい。
私も仲間に入れてほしい。
受け入れてほしい。
愛してほしい。
だけど、どーせ私なんて・・・

 

という思い。

 

自分の憧れと、自分の無能さ。
自分の理想と、自分の現実。 

 

・・・・・

 

ずっと悲劇のヒロインになって、
「どーせ私は」が心の口癖だった。
今もしょっちゅう出るけど。

 

だけど、そんな私が、
自分を受け入れてくれる人たちと出逢った。

 

こんな私を、認めてくれる人たちがいた。
こんな私を、仲間に入れてくれる人たちがいた。

 

こんな私を、全力で受け入れてくれる人たちがいた。
こんな私を、全力で愛して包んでくれる人たちがいた。 

 

心の底から「生きていてよかった」って感じることができた。
涙がとまらない。

 

嬉しいとかそういう次元じゃない。
言葉には表わせない。

 

ただひたすら涙が出る。

 

ただそれだけ。

 

かけがえのないプレゼント。

 

あいらぶゆー。

 

f:id:aiko__blue:20170105211028j:image